よく使うタイマーの流れ

タイマーをよく使うのですが、備忘録として。

タイマー、ハンドラーを宣言。その後のスケジュールで0秒から開始、その後2000ミリ秒ごと(2秒)にタイマー作動。となっています。 new DownloadTimer() を宣言してそれを実行することになっています。

実際の処理内は、

こんな感じでクラスをつくり public void run() { } に処理をかきます。それが実行されます。