リンク集

最近さがしたり、参考にしたサイトをまとめてリンクしておく。

Modern UI Pack
https://assetstore.unity.com/packages/tools/gui/modern-ui-pack-150824

Pro Cartoon UI Pack
https://assetstore.unity.com/packages/2d/gui/icons/pro-cartoon-ui-pack-129756

Airy UI – Easy UI Animation
https://assetstore.unity.com/packages/tools/gui/airy-ui-easy-ui-animation-135898

Youtube動画からサムネイル画像を取得する方法
https://www.billionwallet.com/goods/youtube_image.html

firebase確認
https://apps-gcp.com/firebase-authentication/
https://firebase.google.com/docs/auth/unity/twitter-login?hl=ja

UnityのUpdate()をマネージャで管理`
https://www.weed.nagoya/entry/2017/09/20/135611

Crowi
国産のWikiソフトで、もともとは社内用に開発したWikiをオープンソース化した物
https://qiita.com/Bakudankun/items/740ac8ba1395fe4e40a6

無限スクロール
http://kohki.hatenablog.jp/entry/Unity-uGUI-Fixed-Scroll-Rect
http://www.asset-sale.net/entry/EnhancedScroller_1

スクロールアセット
https://qiita.com/ayumegu/items/556d0385bbd4e00b89f5

Unity Apple
https://gurutaka-log.com/unity-ios-release
http://bob-jpn-heuer0925.hatenablog.com/entry/2017/09/09/035351

Unity Android署名
https://ideacloud.tokyo/develop-days/development/apk_rerease_setting.html

備忘録 Unity アプリからURLを開く
https://ameblo.jp/10soba/entry-12445527586.html

アプリのバックグラウンド移動と終了の検知
起動時に電源をOFFにし、いったんバックグラウンドにいったときの処理
http://greenkour.hateblo.jp/entry/2018/08/20/070000
https://qiita.com/wapa5pow/items/2cbad14267d2ad3433f5

誰でも簡単に使える最強のAudio(BGM, SE)Manager【Unity】
https://kan-kikuchi.hatenablog.com/entry/AudioManager_2019

Unity で自動でスリープに入らないようにする設定
https://loumo.jp/wp/archive/20140205000312/
https://www.urablog.xyz/entry/2017/06/11/230753

ソーシャルログイン’ を90秒で導入する方法 / OAuth認証
https://qiita.com/RingCaptcha/items/60db56ed24567718fe80

Twitterを使った認証機能
https://blog.mbaas.nifcloud.com/entry/8046

Unity2Dの定番ファイル構成(自分用)

いろいろ試したけど、自分は下のようにするのが定番になってしまった。

配下にScene001などのフォルダをいれ、その中にSCENEやScriptをいれる。自分は2Dで作成することが多いため、画面ごとに分けていく方法が後々わかりやすくなってていい。

共通部分はcommonにいれる。

Scriptはできれば1Sceneにつき1つが自分は好きなんだが、部品ごとにScriptをつけたいことも多々あるので Scene001 の中に Script フォルダをつくり、そこにいれる。

基本的に共通のスクリプトはつくらないようにしている。シーンごとに完結するようにしている。

GridView、グリッドビューに入れた画像が綺麗にならない、バラバラになる

みんな大好きグリッドビュー。

こうやって使いまっさ。ImageAdapterは独自のもの。そこに、context imageUrlListを渡します。

しかし、GridView、文字をいれるだけだと楽勝であるのだが、ネットから画像をよみこんでいれるとなるときっついのだ。それぞれの大きさがバラバラになったりして泣きそうになるのだ。他のサイトではすごく簡単にやり遂げているが。

ここで、

// 画像のサイズをここで固定
imageView.setMinimumWidth(300);
imageView.setMinimumHeight(200);
imageView.setScaleType(ImageView.ScaleType.CENTER_CROP);

これが必要だった。setScaleTypeはおこのみで。

クリックイベントにも注目。

setUrlを使ってurlをイベントリスナー内に入れ込んでいる。イベントに値を渡す方法。少し凝ったことをしたいなら必要になってくるだろう。

BASIC認証は使わないだろうからはずしてもいいじゃろう。

Activity、Intentのことについて(いろんなオプション)

こちらを参考にして、
intent.setFlagsメソッドの引数について

画面を遷移するときなどにこれを渡せばいいらしい。使い方は以下のような、

あとタスクに関係するのであればマニフェストの、

android:launchMode=”singleTask”

なども考慮するといいかもしれない。

また一つ賢くなったね!!

アラートダイアログの外側を押せないようにする

アラートダイアログの外側を押せないようにする、ダイアログは便利ですが外側を押しても反応しちゃう。

そこで

こんな感じで、アラートダイアログを宣言して

こうすればいいですね。

builder.create().show(); の create() はわけわかめ。なんだろうか、こいつは。

ボタンとかを薄くするためには(透明化)

alphaを指定する。

AlphaAnimationをつかって指定。

自分的Volleyの定番コード

自分的Volleyの定番コード

CustomRequestクラスを作成して以下の文章でvolley使う。例文はPOSTを使用する場合です。

数値文字列に0を加えて桁数を同じにしたい、文字列加工したい

“%1$02d”がミソ。2桁に満たない場合は0が加えられ、結果的に2桁表示にしてくれる。

1だと 01 というふうに。

“%1$04d” にすれば、

1だと 0001 というふうになる。

よく使うタイマーの流れ

タイマーをよく使うのですが、備忘録として。

タイマー、ハンドラーを宣言。その後のスケジュールで0秒から開始、その後2000ミリ秒ごと(2秒)にタイマー作動。となっています。 new DownloadTimer() を宣言してそれを実行することになっています。

実際の処理内は、

こんな感じでクラスをつくり public void run() { } に処理をかきます。それが実行されます。

WebViewを使用したときに外部ブラウザにジャンプさせない

アプリ内でWebViewを使用したとき、外部ブラウザにジャンプさせたくないとき、上記をいれるとよい。

ストレージに画像保存するためのクラス

使い方は、

レイアウトというかsetContentViewで設置したレイアウトを丸ごと渡したい

例えば、入力チェックなどのバリデータチェックとかのクラスを使いまわしたいときとか、レイアウトまるごと渡したいよね。

こうしたら渡せるね

あ、ValidatorCheck ではチェックしたりしてエラーメッセージが累積して返って来る仕組み。

ボタンを半透明化ぁああああ

半透明化なんだけどさ、ここまでやんないとだめみたい。

レイアウトとか、ボタンとか、あちこちアニメーションしたいよね!

 

TranslateAnimation2クラスとか
Easingクラスとかいるからね

そんでもって

つかうときはこげな感じ

こんな風にすると、びっくりただのアニメーションにバウンスついたりする。これはJavaScriptでもよくある手法だよぬ!

TranslateAnimation2(-1400.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f, Easing.easeOutBounce);

ポイントは上の一行ですね。

クラスファイルを2つ使用するだけでいけるので、ちょびっとアニメーションしたいときなんか簡単でいいですよね。

 

参考サイトhttp://andante.in/i/java/%E5%89%8D%E5%9B%9E%E4%BD%9C%E3%81%A3%E3%81%9Feasing%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%80%81translate%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%A4%E3%83%BC/

 

ダイアログメッセージを出す

これでウインドメッセージが出てきます。

“OK” を押した場合は、

この中にかくといいよ!

でもダイアログ以外をおしたときは、どう判定すればいいのか、、、、

動的にImageViewのmargin(マージン)とかを変更したいのよね

みたいにできると思うやん?できんから。

一度、MarginLayoutParams に通すのね。これを利用すればなんでもオッケーオッケー。

横幅を元に縦幅を黄金比で出すやつ

端末に画像を3つ並べて、間に10dpの隙間がはいることを想定しています。

なんちゃないよ。

端末の横dpが欲しいじゃん?横幅がさぁ、、、

これで取れます。

tanmatsuWidth = dp.getWidth();

こうすればいいよぬ!

ただ、今は非奨励なんで

こっちでとりましょう。